サンダルが履きたくなる季節が近づいてきましたね。油断するとおばさんっぽくなってしまうサンダル履きを、是非ともオシャレにスタイリッシュに履きこなしてもらいたいものです。

オシャレを意識するならフットネイルは、欠かせないケアの一つです。とはいえ、手先のネイルと違ってやり過ぎると爪に負荷がかかってしまったり、見た目にも美しくないことがあります。

京成船橋駅から直結のネイルサロンCravoでは、通常のネイルに加えてフットネイルに関するご相談も行っています。

長すぎはNG!フットネイルは適切な長さに保ちましょう

砂浜に映える夏色ネイル

爪は、地肌から離れると湾曲して伸びてゆく性質を持っています。そのため、足の爪を伸ばし過ぎると違和感のある形になって、良い印象ではありません。加えて、手よりも足の方が力が入りやすいため、爪が割れやすくなってしまいます。

フットネイルの長さは、つま先と同じくらいに整えておくことをおすすめします。見た目も美しく、爪への負担も最小限に抑えられます。

足全体のケアが大事!足のトラブルを放置しないようにしよう

乾燥したかかとや合わない靴によってできたタコを放置すると、見た目に美しくありません。乾燥した肌は、爪の感想をも招いて割れやすい爪を作り、タコを放っておいて合わない靴を履き続ければ、爪の変色を招きます。

足のトラブルを発見したら、早急にケアしつつ、トラブルの原因を取り除く努力をしましょう。フォットネイルの美しさは、足が健康的だからこそ際立つものです。

やり過ぎNG!フットネイルはシンプルが基本です

シンプルなネイルが足の美しさを際立たせる!

爪の先のネイルなら多少、豪華にしてもそれはそれで素敵です。一方、フットネイルに関してはなるべくシンプルをおすすめしています。ラインストーンをフットネイルに選ばれる方もいらっしゃいますが、やりすぎてしまうと靴に圧迫されて爪が変形してしまうことがあるからです。

ストーンを使うならちょっと控えめに…

正しい知識を持ったネイリストと相談しながら、フットネイルのデザインを決めるのが良いですね。

京成船橋駅から直結のネイルサロンCravoでは、パラジェルという爪に優しいネイルを採用しています。Cravoには、パラジェルを扱うことのできる、高い技術をもったネイリストが多数在籍しています。

夏に向けてフットネイルをはじめたいという方や、フットネイルを経験済みでも自爪を傷めない方法を探しているという方に、是非、Cravoのおすすめするパラジェルを体験していただきたいと思っています。